LATO 店主のブログ

ボタンの取替え

Date : 2011.03.06 permalink
IMG: ボタンの取替えIMG: ボタンの取替え

昨日ご来店された方でボタン取替えのお直しも
お受けさせて頂きました。
画像のように10分程あれば取替え完了です、
スペアのボタンがあれば付け替えさせて頂きますので
宜しかったらお持ち下さい。

また他にもジャケットと
靴のオーダーもお受けさせて頂きました、
お客様はジャケットの色に靴を合わせることで
悩んでおられましたが春らしいサックスブルー系の
ジャケットに焦げ茶色でダブルモンクの靴に決まりました。
これにオフホワイトのオックスフォードのシャツに
濃紺系又はドット柄のタイ等も面白いと思います♪

また近頃会社やオフィス、ご自宅等にも出張を
承っています、お忙しい方や場所を動けない方には
便利と思いますのでお気軽にご相談下さい。


型紙を作る理由

Date : 2011.03.04 permalink
IMG: 型紙を作る理由IMG: 型紙を作る理由

服は複数のパーツから作られているのはご存知の方も多いと
思いますが、それがどのようにして作られ、使われるのかは
業界の方を除いては多くないでしょう。
最終的にはこの服のパーツを縫い合わせて
上着なりパンツなりの形に仕上げていきます。

オーダー服でこのパーツを作るのには大別して2通り
の方法があります、一つは採寸した寸法をコンピューター
に入力して自動的に裁断する方法、もう一つは
紙に線を引き、型紙を作ってそれに沿って裁断する方法。
つまりコンピューターを使って自動的にする裁断と
手作りで作った型紙を元に鋏で沿って裁断という事ですが
コンピューター裁断の場合早くて量産出来ますので
パターンオーダーやイージーオーダーに採用される場合が
多くコストを下げる事が出来ます、コストが下がるのは
それ自体は良い事ですが、採寸時に測った
数値の部分以外は正確に合わせる事が出来難くなっています。

また仮縫い時にも採寸部の調整範囲に制限があり
ますので満足出来る補正が後から出来ない場合が多くあります。
人の体にはあらゆる体型や左右のバランス、
骨格等による癖も影響してきますから
これらを数値化するよりも人の手や目で確かめ
型紙に造形として反映させる方が最良で確実なのです。

そこでテーラー・ラトでは全てのお仕立に於いて一人一人の
型紙を手作業で起したフルオーダーの形式をとらせて頂いて
います、手間が掛かるので時間もコストも増えますが
調整範囲は遥かに広く、ポケットやボタン位置等の
デザインの自由度もイメージした位置に配置する事が
可能になります。またこの型紙を保存する事で
次回から更にバランス良く熟成させる事も出来ます、
このように型紙は服の骨格の元になる部分
を支えていますから縫製技術と並んで
出来上がりに大きく影響します、お客様には見えない部分ですが
着る方に自然に溶け込むような理想的な
服作りが私達の楽しみでもあります。
またこの関連のお話もそのうちに。


シェパードチェック

Date : 2011.03.02 permalink
IMG: シェパードチェックIMG: シェパードチェック

春先から初夏にかけてさらっとした風合いの良いジャケット地をご紹介致します。
画像のシェパードチェックは日本では千鳥格子と呼んでいる
見慣れた柄ですが、スコットランドでは昔に羊飼いが
好んでこの柄を着ていました、
また19世紀初頭の英国の紳士はこの柄のズボンを
良くはいていた所から始まったそうです。
そんな伝統のある柄にウール、シルク、リネンを
程よく配合した3者混と言われる新作生地を
入荷しました。
3者混とは3種類の素材でそれぞれ良い性質を
出す為に混ぜて作った生地でテーラーではそう呼んでいます、
今回の物はウールのしなやかさに
上質なシルクの光沢とリネンを混ぜてさらりとした
風合が感じられる一品です。
また普遍的な柄ですからビジネスやカジュアルとして
気軽に着て頂くこともできます、
グレー系やブラック、オフホワイト等の
パンツにも良く合い春から秋にかけての
装いとしてお薦めです。

  1. LATO 店主のブログ
  2. LATOの仕事
  3. 生地のこと
  4. スーツのこと
  5. オーダーシャツのこと
  6. ネクタイ・靴・小物のこと
  7. お手入れのこと
  8. LATOからのお知らせ