生地のこと

ジョンクーパー・ドブクロス

Date : 2019.08.15 permalink
IMG: ジョンクーパー・ドブクロスIMG: ジョンクーパー・ドブクロスIMG: ジョンクーパー・ドブクロス

ウールの持っているボリューム感と腰のあると言われる典型的な生地を今回はご紹介させて頂きます。
タイトルに出ておりますドブクロスとは30年位前まで使われていた昔の低速織機の事で
ウール本来の風合いを損なわずに織り上げる事が出来てスーツに仕上げた時も非常に風格のある仕立栄えになります。
今となってはこの低速織機は世界にも殆ど存在せず織り上げられる生地は往年の名品と言えるでしょう。
テーラーラトとしましては主に過去に生産されていた
素晴らしい生地の存在を知って頂きたいと思い掲載させて頂きました。
以下は仕入れ元による文言のご紹介になります。

 ”英国が誇る老舗ブランドのジョンクーパーが、創出するドブクロス生地。
その風合いは大変柔らかく、類まれなる気品を持ち合わせています。
(ドブクロス)とは服地を織る機械のことですが、本来は産業革命当時の英国織物産業の中心地であった村の名前です。
そのドブクロス村で発明された機械なのでDOBCROSS LOOM(ドブクロス織機)と呼ばれるようになりました。
そして、その機械で織られた生地がドブクロス生地になります。

この機械は1800年代後半~1960年辺りまで生産されてきましたが、
大戦後の技術革新により、より高速な織機に取って代わられていきました。

現在の(レピア式織機)や(エアジェット式織機)は緯糸を高速に通すのが特徴で
特にエアジェット式では一分間に600回通す事が可能になりました。
この高速で緯糸を通す作業は、織機の稼働使用そのものを変えました。
高速で織機を動かすため、特に経糸をコントロールする綜絖(そうこう)という箇所の稼働域が小さくなって行きました。
従来上下に開いていた綜絖が上にしか開かなくなったのです。
その結果緯糸のテンションが強くかかり、緯糸をはさむ経糸も上から押さえつけるようになった為、
ウールが持つ柔らかな自然な風合いが殺されていったのです。

対してドブクロス織機は従来通り木製のシャトルでたて緯糸を通し、そのスピードは一分間に約100回。
一日に約40mしか織る事が出来ません。
しかし、この熟練職人が木製シャトルを使い、ゆとりを持って丁寧に織り込んだドブクロス生地が持つ、
本来の優しい風合いは生産性のみを追及した現在の織機では到底真似る事は出来ません。
今ではハダースフィールドのDobcrossWeavingCompanyのみが14台しか残っていないドブクロス織機を使って生産されております。”


上質なスーツ地。

Date : 2019.05.12 permalink
IMG: 上質なスーツ地。IMG: 上質なスーツ地。IMG: 上質なスーツ地。

少し早い目ではございますがこれから秋冬に向けての
現物スーツ地を入荷致しました。
その中から今回は上質で機能性にも優れたスーツ地を掲載させて頂きます。

画像1、2枚目はスキャバル(英)とドーメル(英)になります。
繊細な光沢感で奥深い発色に磨きをかけて高級感抜群の風合いになります、
特にスキャバルは伝統的な紺色の色彩感を持っていますね。
季節的にはやや薄手なので合物または3シーズン向きでしょうか、
軽目の着心地が特徴です。

そして画像3枚目はドーメルのウィンターモヘアと呼ばれているモヘア混紡ながら冬向きのスーツ地になります。
モヘア混紡にしては非常に柔らかくウール100%の物と見分けが付かない位です。
特徴としましてはモヘアをブレンドする事によりサラッとしたドライタッチな着心地で
今までに無い新しいタイプの生地でしょうか、
着ていて暑いのが苦手な方にもお薦めでございます。

また見本からのお取り寄せと違いまして現物で仕入れる事により
スケールメリットを生かしたお値打ち価格になっております、
1点物ではございますがお気になる方はお手に取ってご覧頂ければ幸いでございます。


春夏の新入荷生地

Date : 2019.02.13 permalink
IMG: 春夏の新入荷生地IMG: 春夏の新入荷生地IMG: 春夏の新入荷生地IMG: 春夏の新入荷生地IMG: 春夏の新入荷生地

まだ寒い日々ではありますがテーラーラトでは春夏向きのご注文も徐々に出始めております。
今回は春夏に向けてのスーツ地を新入荷致しましたのでその中から一部をご紹介させて頂きたいと思います。

写真1枚目はモヘア混紡のツイル地でストレッチ性があります、
モデスト・バートット(伊)という聞きなれない銘柄ではありますがこの手の生地でストレッチ性があるのは珍しく
確りした風合いに機能性があるので使い勝手が非常に良いでしょう。
続きまして写真2枚目は確りした腰のあるツイル地で薄手ながら春から初夏には丁度良い厚みがございます。
銘柄はエンパイヤ・ミルズ(英)でクリアカットと呼ばれる表面の起毛をなるべく省いた
ツルっとした春夏らしい風合いになります。
続きまして写真3、4枚目は銘柄はカノニコ(伊)でホップサック調の織で鉄紺のような渋い発色と
薄手ながら確りした目付けのツイル地でございます。

最後の写真5枚目は60%キッドモヘア混紡のビンテージ生地になります、
当時は盛夏用として織られましたが程よい肉厚と腰がありますので春からでもお召頂けるでしょう。
以上どれもビジネス等の実用性にも向いておりますが
一度お手に取って素晴らしい風合い等をお確かめ頂ければ幸いでございます。


  1. LATO 店主のブログ
  2. LATOの仕事
  3. 生地のこと
  4. スーツのこと
  5. オーダーシャツのこと
  6. ネクタイ・靴・小物のこと
  7. お手入れのこと
  8. LATOからのお知らせ